忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
違法DLとモラリズム
writer:饗庭淵 2012-06-22(Fri) 雑記 
agent2048さんのつぶやき


違法DLより違法upperの取り締まりを強化するべきなんだよな。
さらにそれよりも、罰則がなくても違法行為に手を染めない精神、道徳教育を強化するべき。


に対する僕の反論まとめ。
ツイッターだとなんか落ち着かないのでブログに整理。
(リプライの内容をそのまま引用しているわけではなく、ブログの体裁に合わせて書き直しています)


前半の「違法DLより違法UPを取り締まるべきだ」という部分は賛成。
ただし両者を比較するなら、という次元の話で。
違法UPですら取り締まれないのに違法DLを罰則化してどうすんの。
問題は後半だが、僕はモラルよりもインフラレベルで問題解決に当たるべきと考える。
よくいわれるように、公式で無料配信して広告収入を得る、といったビジネスモデルなど。

まず、モラリズムには現実的に限界があるという点。
核にしても(米国の)銃にしても「今さら所持をやめろ」といわれてもまず無理な話だ。
禁酒法といった事例にもあるとおり、激しい反撥が予想される。

次に、実現できたとして望みの効果が得られるかという点。
核廃絶なら戦争回避、銃規制なら治安向上、とそれぞれ目的があってのことだろう。
だが、いずれも抑止力という側面もあり、それらの目的にとって必ずしも障害ではない。
むしろ貢献しているともいえる。
再び禁酒法を例に出せば、むしろ治安は悪化した。

また、モラリズムでは根本的な解決にならない。
たとえば自転車と歩行者の衝突を避けるため人混みの激しい道では「押しチャリ」をしよう、といった運動がある。
しかしこれでは自転車に乗る人は自転車に乗っている意味がなくなり、我慢しなければならい。
「誰もが快適に通行できる道路」の実現は叶わない。
この場合、根本的な解決は「自転車専用レーンをつくる」というインフラ整備しかない。


閑話休題。
違法DLに話を戻すと、まず「宣伝効果がある」「浮いたお金は別に落とす」といった側面もある。
これについては「盗っ人猛々しい」などと反論もあるが、オランダなんかの調査でデータは出てるらしい?(ごめん、各自ググって)
また、著作権法のそもそもの目的は「著作者へ正当な評価と報酬を」「知的文化の活性化」であり、「違法DLがなくなることでその目的は適うのか?」といった疑問がある。
たとえば殺人だと、「殺しよくない!」というモラル意識と目的は一致している。
一方、違法DLだと「違法DLよくない!」というモラル意識に対し、目的は「著作者へ正当な評価と報酬を」「知的文化の活性化」であり、必ずしも一致しない。
違法DLが一般的な犯罪(殺人・強盗・窃盗など)と異なるのはこの点だ。
違法DLで視聴機会が増えれば評価機会も増える。
視聴機会が増えればそれらからインスピレーションを受け、新たな著作者も生まれる。
そして文化の活性化に繋がる、といったこともあるだろう。

また、「違法DLよくない」では違法DLをしていたユーザー(といっていいのか)が我慢しなければならない。
だが、「公式無料配信による広告収入」といったインフラが整えば、著作者も収益を得られ、ユーザーも我慢する必要がないWIN-WINの関係が築くことができる。

もちろん、そういった新たなビジネスモデルを構築するのは難しいだろう。うまくいくともかぎらない。
しかし、従来のビジネスモデルが限界に来ているのはたしかだ。
その段階で違法DLの厳罰化やモラルの強化などしたところで延命処置にしかならない。
いや、それどころか余命を縮めてしまうかもしれない。
違法DLを罰則化したところで魔法のように違法DLがぱたりとなくなるわけじゃないし、違法DLがなくなったとして魔法のようにCDやDVDが売れ出すわけじゃない。
二回も奇跡を起こさないと望む効果が得られない。
そんな奇跡を望むくらいなら新しいビジネスモデルを模索した方が楽なのではないかと素人ながら考えるが、どうか?

拍手

PR

この記事へのコメント
無題
引用についてですが、何も問題はありません。
agent2048 2012/06/22(Fri):09:03 編集
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
連載中の作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

公開中の作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[04 / 20 by ななっし]
[03 / 19 by NONAME]
[03 / 15 by NONAME]
[03 / 01 by com]
[02 / 22 by 動物農場]
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ