忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
死ぬな~死ぬな~
writer:饗庭淵 2011-05-05(Thu) 小説 
409d3921.jpg



















魔法少女シヌナ』ですが、この作品のタイトルの「シヌナ」。
もちろん主人公の名前ではありません。
まんま「死ぬな」です。
つまり「魔法少女死ぬな~」っていう応援メッセージなんですね。
ちなみに主人公の魔法少女の名前は「九条逢」です。
慣習通り名前をタイトルに組み込むと……『魔法少女アイ』ですね。はい。
知ってる人が見ればやはりわかるものです。
九条逢のビジュアルはほとんどアイです。とくに配色が。
参考にしただけ! 参考にしただけなんだ! あるいはオマージュ。
いやもう別にパクリでもいいんですけどね。
悪役のアンセムとミアもまんまシンとマユです。
仕方ないじゃない! 『魔法少女アイ』が好きなんだから!
二次創作? いいえ違います(どちらかといえばレイプ)。
でもいっそのこと二次創作もいいかもしれない。
公式はもうシンを斃せる望みがないから、ちゃんとシンを斃せる続きを書くとか。
同じように続きを匂わせながら続編に望みがないエロゲといえば『魔世中』シリーズ。
続編のための伏線が放置されっぱなしなので妄想を膨らませようとすればできなくもない。
敵対企業のなんとかグループ女会長みたいな伏線もあったはず。

閑話休題。
『魔法少女アイ』で好きなのはあの絶望感。
特に2。あの「勝てる気がしない」感はすごい。
いうならば『魔世中』シリーズの緒方星四郎を敵に回した感覚。
普通の作品ならなんにせよ主人公は最後には必ず勝つわけで、「どうせ勝つんだろ('A`)」っていう諦め(?)みたいなのがある。
それは「負けたらどうなるんだよ」ってのが想像できないからなんだけど、この作品は「負けたあと」がいやと言うほどに想像できてしまう。
というより、負けて凌辱されるための作品だもの。
これほど主人公が勝つのが想像できない作品もない。
そのため、ただエロだけでなく心地よい絶望感がある。
「この世はおとぎ話とは違う。正直者がバカを見るし、悪は強者で、虐げられる正義は弱者。ヒーローが常勝するなんて決まりもなければ法則もない。弱者は負け、搾取され、死んでいくんだ」
この台詞にすべてが集約されてる。

とにかく、僕は「敵が強すぎてマジ絶望」ってシチュが大好きなんです。
他には『タオルケットをもう一度2』の「愛の唇星人」なんて最高ですね。
『ゼーカペイン』も、あの設定でひたすら敵に陵辱され続ける話だったらどんなによかったかとか妄想してます。
というわけで、『魔法少女シヌナ』は悪役のために書かれた小説です。
とにかく悪役がめちゃくちゃに暴れ回ります。
この作品は15話を境に前半と後半に分けられますが、前半はわりとおとなしいです。
後半からひどいことになります。それはもう。ええ。
だからこそ「魔法少女死ぬな」。

ネタバレにならない範囲でセールスポイントを書くとこんなものかなあ。
僕自身、酷い話だと思います。

拍手

PR

この記事へのコメント
結局あれから
逢は亮平の元に帰れたのかな?
めちゃ気になります。
T.M 2011/05/05(Thu):46:35 編集
Re:結局あれから
ええっと、あれ? 亮平さんは……
松山家になら、戻ったかも知れません?
でも世間的には凶悪犯罪者の片割れですから無理かも。
【2011/05/07 16:36】
とても
切ないですね。
逢は元いた世界とも見切りをつけたように見えますし、いずれは亮平と逢の2人は揃って末永くすごしてほしい、そう思えてなりません。
そんな我侭をいう私も常識の枠に捕らわれてるのでしょうか・・・。
世間一般では当たり前と言う常識に。
T.M 2011/06/27(Mon):08:26 編集
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
公開中のゲーム作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

公開中の小説作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[11 / 01 by パーカー]
[10 / 24 by NONAME]
[09 / 03 by NONAME]
[08 / 05 by kaze]
[06 / 18 by まぐろ]
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ