忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
『進撃の巨人』1・2巻
writer:饗庭淵 2010-07-21(Wed) レビュー・感想・紹介 
なんか評価高かったので読んでみたけど、感想としては一巻はそこそこ面白かったけど、二巻で残念な展開。

まず褒めると、この作品の最大の見所(?)である物言わぬ巨人の不気味さはすごい。
人間と同じような顔して笑ってるんだけど、その笑みがホント怖い。
普通の人間、普通の悪役だったらこういう表情でサディスティックな台詞を口にするんだろうけど、そういった台詞は一切ない。
単なる脅威によるの恐怖だけでなく、表情から感情が読み取れない恐怖がある。
また、人類をただスケールアップするだけでなく、筋肉や骨格を歪ませることで異質感を出している。重量感も見事。
ただ、主に肋骨の構造がちょっとイミフすぎるかなあという感もある。
他には、正面からの攻撃には頭吹っ飛んでも再生するけど、弱点を傷つけるとたちまち溶けて死ぬって設定はちょっとご都合主義すぎると思った。(キャラにワイヤーアクションをさせるための口実)
まあ、でもこの設定ないと話が全然盛り上がらないから仕方ないとは思うけど。
キャラはミカサがかわいい。

次に不満点。
ネタバレを抑えて書くと、二巻で起こったあの展開。
最初は「おお!」ってなったけど、途中でどういうことかはわかってしまって「おいやめろよそういう展開やめろよ」ってなった。
あれは最後までどういうことなのか全然わからんって方が巨人も一枚岩じゃないってことになって話に深みが増したんじゃないかなあ。
もちろん、なにかしらの解釈というか説明は必要だとは思うけど、あくまであれは例外的で一時的でイレギュラーな事態だった、という方が個人的にはよかった。
ファンタジーなのは巨人の生態だけで、それ以外はリアル路線で貫いて欲しかったところ。
まあ、三巻以降どうなるかにもよるけれど。

というか、もうネタバレになるけど、死ぬ死ぬ詐欺はマジ勘弁。
「死んだ!」と思ったキャラが「実は生きてた!」「生き返った!」って展開は緊張感が損なわれるので激萎えです。
そのキャラに思い入れがあれば生きてて嬉しいって場合もあるけど、それでも落胆は禁じ得ない。
生死不明から実は生きてた、くらいならいいんだけど、明らかに死んだ描写があるのに生きてるのは……ねえ。

ちょっと期待値を上げすぎちゃったかな。まだ評価に迷う。

拍手

PR

この記事へのコメント
無題
弱点を傷つけるとたちまち溶けて死ぬって設定はもしかするとエレンが弱点から出てきたことと関連してるかもしれませんよ
どの巨人にも中の人がいるとか
そうなるとご都合主義とも言えなくなってきますね
親戚の魚人 2010/11/23(Tue):05:06 編集
Re:無題
月マガの連載も飛び飛びに読んでるんですが、どうもそんな感じがしますね。
2巻までだとこういう感想になってしまいましたが、3巻も楽しめそうです。
【2010/11/23 20:10】
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
trackbackURL:

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
公開中のゲーム作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

公開中の小説作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ