忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
『ピーチボーイリバーサイド』
writer:饗庭淵 2010-11-05(Fri) レビュー・感想・紹介 
ピーチボーイリバーサイド

web漫画。公開分まで読んだ。
結論からいうと思った以上に面白い!
pixivでパイズリばっかり描いてる人」って認識から入ったのでびっくりしたw
いや~、こういう漫画も描いてる人だったのかと……。

テーマ設定は種族の対立とか差別問題とか、まあ、ありがちではあるけど、よく考えられてる。
いや、ありがちというよりは王道と呼ぶべきか。王道で熱い。
主人公の目的は対立する種族同士である人間と鬼の和解。
ただ、これがまったく一筋縄じゃいかない。
人としては好きな相手なんだけど考えが合わないとか。
どうしても鬼と戦わなくてはならない場面が生じてくるとか。
めっちゃ胡散臭いけど主人公と同じ目的を掲げる真意の読めない悪役とか。
基本的に鬼が敵役にはなるけど、鬼にも鬼の事情があるわけですよ。
割と賛同してくれる人(鬼)は多いんだけど、それでもそう簡単にはいかないよな感がすごい。
そもそもラスボス格が主人公の思想と対立してないので、ラスボスさえぶっ殺せばすべて解決! という単純な話でもない。

さて、この漫画も長いですよ。
どこまでが後付けでどこまでが初期構想なのかわからないけど(ブログを読むと結構後付けも多そう)、風呂敷の広げ方がヤバイw
もう82話だけど、終盤には差し掛かっている……のだろうか?
後半から出てくる鬼神の能力がチートすぎる。物理法則とか平気で無視する。

バトルものとして読むと、画の動きはいいが、勝ち方が大体ごり押しに感じる。
基本的に「悟空早く来てくれー!」って感じ。
戦術とか知能戦とか、そういうのはあんまりない。
でもテンポはいいのでだからといって悪いという感じはしない。さくさく読める。

あと気に入ったのはキチガイ描写。漫画的演出とかも結構巧い。
表情も豊かでよろしい。つまりはひっくるめて漫画が巧い。
一方、手を抜くときは1ページ文字だけとかweb漫画ならではの手の抜き方だと思うw

ちょっと気になったのは。
この漫画に限ったことじゃないけれど、親しい人がが殺されると自動的に機械的に「復讐」属性が付与されるような。
僕があまり恨みとか復讐といった感情に共感できないだけ、ってのはあるんだけど。

クオリティとしては。
前半は絵が雑で線もゴチャゴチャしてて読みにくいけど、これだけ描いてりゃだんだん改善されてく。
コマ割は改善の余地があるけど読みにくいってほどでもない。
ちょっと丁寧なネームって感じだけどまあ読めるから問題なし。
あと誤字がヤバイ。ネタじゃないかってくらい誤字がヤバイ。


そんな感じでオススメです。

拍手

PR

この記事へのコメント
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
trackbackURL:

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
公開中のゲーム作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

公開中の小説作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ