忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
『ターミナル・エクスペリメント』
writer:饗庭淵 2011-06-10(Fri) レビュー・感想・紹介 
ちょ、オチが予想の範囲内すぎてやばい。
設定説明の段階でネタバレ過ぎる。
とはいえ、SF的アイデアと現実ネタとの絡ませ方はやはり巧い。
ソウヤーはこのくらいのバランスがベストだと思う。
フレームシフト』での解説の言葉を借りれば「地に足のついたSF」。
現実とSFの比率が五分五分くらい。それでミステリー要素を混ぜる。
たとえば、「現実の司法で宇宙人を裁いたらどうなるの?」という『イリーガル・エイリアン』。
スタープレックス』みたいな想像力の飛躍を要求されるようなSFは向いてない感じ。あんま面白くなかったし、登場人物の思考回路が現代的すぎて萎えた。


閑話休題。
一番の突っ込みどころは勝手にホーキング殺すなww
むしろまだ生きてるホーキングに突っ込むべきなのか……?

それから、「別にそれ本題に必要ないよね?」みたいな横道逸れた話も多かった。
『フレームシフト』は「その話がどう主人公に関わってくるの?」みたいなばらまかれた伏線が収束していく楽しさはあったけど、この作品に関してはそういうのはあんまりない。
あくまでテーマと設定の説得力を補強するだけ
たとえば「猿の権利」。作者の思想を織り交ぜたかっただけなんじゃないのかな。
というか、魂波の発見云々そのものが本題のための導入でしかないという……。

節々に挿入される「ネットニュース・ダイジェスト」もなんかの伏線かと思いきや、ミステリー部分にはほとんど関わってこない。
まあ、これはこれ自体で面白い小ネタなのでよし。
魂波の発見でもまるで揺るがない中絶賛成派/反対派の表明は笑った。


面白かったか、というと、まあ面白かったけれど、ミステリーとしてはどうなのこれ。
犯人のネタバレ説明の部分も、そんなびっくりするようなものでもないし。
SFとしては、勇み足せずにデータをいっぱい採ってから発表しようぜとか対照実験の概念とか出てきて、世紀の新発見をしてしまってうひょーってなってる科学者の追体験をできる感じが面白い。
「これは絶対読むべき!」とオススメするほどではないけれど、お暇なときに如何? ってところかな。
(前者にあたるのが『イリーガル・エイリアン』。これは読むべき!)


拍手

PR

この記事へのコメント
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
trackbackURL:

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
公開中のゲーム作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

公開中の小説作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ