忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
『エルフェンリート』
writer:饗庭淵 2010-05-25(Tue) レビュー・感想・紹介 

突然ですが『エルフェンリート』の話をします。

この作品に関して、僕の評価としては「AMVになるために生まれてきた作品」といったところ。
(というのも、上で紹介するAMVが素晴らしすぎるため)
本編も好きではあるけれど、良作ではあるが名作ではない位置づけ。
部分のテキストはすごく好きなんだけどね。「ドジッ娘がそのドジゆえに死ぬ」とか「パパがナナを捨てても~」(原作)とか。
全体としてのテーマ設定やストーリー、あるいは細かいところが気になるためB級の域は出ない。
(ミトコンドリアイブの説明を見事に勘違いしているあたりとか)

ただ、すでに多くの人が言ってることではあるけれど、この作品の最大の特徴はやはり「萌え」と「暴力」の同居にある。
ゆえに、映像的に非常に映える。
可愛らしい女の子の表情が出たと思ったら次のシーンでは血が噴き出してる。
その振れ幅が大きいから、視聴者の感情も大きく揺れ動かされ、ドラマ性を獲得している。
逆にいえば、ただそれだけの作品ではあったかな(´・ω・`)
しかし、あれほどまで萌え萌えしい感じを出しながら、同時に極端なまでのヴァイオレンスを描くのはホントにすごい。
作者がどっちも好き(?)でなければ、そうそうできないことだと思う。
あとは、坂東さんや蔵間室長などのイケメンキャラが立っている点も評価が高い。

AMVは、台詞や細かい状況説明などの情報が省かれ、かつ名場面が好んで選ばれ、効果的にテンポよく画面が切り替わるために本編以上に強く感情を揺さぶる。アンパンマンなんかもそう。
各々の理想化されたイメージが引き出されるためだろう。
(ヒットソングの歌詞が抽象的なのもこのため)
本編で泣いた作品ってあんまりないけど、こういう動画だと「うるっ」と来ちゃう。
この効果を本編に逆輸入できないかと考えているけれど、単なる「説明不足」になりそうだなあ。

拍手

PR

この記事へのコメント
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
trackbackURL:

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
公開中のゲーム作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

公開中の小説作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ