忍者ブログ
あえばさんのブログです。(※ブログタイトルはよろぱさんからいただきました)
「愛」と「幸福」について
writer:饗庭淵 2010-01-29(Fri) メリクリ 
キモイくらい真面目に語ります。

「俺が考えるに、『幸せ』という言葉を発明したのは女だ。男にはその意味が理解できなくて当然なんだよ」
上の言葉は『銃夢』からの引用ですが、僕も似たように考えます。
ですが、どちらかというと政治や宗教が絡んでいるのではと考えています。

「愛」や「幸福」という言葉は、どこかしこでも当たり前に使われていますが、ほとんど真剣に考えられることはありません。
僕の知るかぎり、「愛とはなにか」を真面目に考えた際に生じる問題を扱っているエロゲ作品は『好き好き大好き』や『CROSS†CHANNEL』くらいなものです。
アニメでは『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』が意外とよくできています。

一方、『君が望む永遠』はひどいもので、間違いなく「ラブストーリー」と分類される作品であるはずなのに、まったくといっていいほど「愛とはなにか」について考えられていない。
ただ「愛」という言葉に振り回されるだけで、解決に向けて志向することがない。
僕が観たのはアニメ版ですが、その結末が象徴的で、おそろしいことに主人公は女のために正社員の誘いを断ってしまうのです。
まったく意味がわからない。これから結婚を前提として付き合うなら、むしろお金と安定した社会的地位が必要になるはずなのに《女のために》それを捨てる。
一方、女の方も仕事を辞めます。彼らの生活が今後どうなるのかまるで想像ができません。
それ以外にもあまりにツッコミどころが豊富なこの作品ですが、総じて言えば恋愛至上主義のあまり生活というものが完全に無視されている。
人間は食べなければ生きてはいけないという基本的な事実が忘れられているのです。
そのとき僕は「愛や幸福という言葉はこのためにあるのだな」と思いました。
こんなバカがいっぱいだったら、支配者は楽だろうなあと。

「愛するものといられればそれで幸せ」「愛さえあればお金や物はいらない」
そういう思想が広まれば、民衆の視野は狭くなり、政治がある程度失敗しても誤魔化せることになります。体制にとって扱いやすい立派な愚民のできあがり。
あるいは、同様に宗教が民衆からお金を搾り取ることもできる。
要するに「愛」や「幸福」という言葉によって誰が得をするかということです。
意味がわからないのに、なんとなく「綺麗」「美しい」といったポジティブな認識をされている――なんともプロパガンダに使いやすそうな言葉ではありませんか。

「愛とはなにか」「幸福とはなにか」
真剣に考えれば考えるほど答えは出ません。
あるいは、たとえば「大人になればわかる」「恋をすればわかる」といった類の思考停止フレーズでの説明とは言えない説明に逃げるほかない。
むしろ「はじめから意味などないのでは?」と考えることで疑問が解消する。
これら意味不明な言葉の発明者が誰なのかはわかりませんが、流布にあたっては政治・宗教はやはり関わっているでしょう。
注意して欲しいのは、「愛国心」だの「神への愛」だとわかりやすいですが、単純な「男女愛」ですら政治と無関係ではないということです。
恋愛ものは得てして、男と女の閉じた関係を中心に描き、政治性や社会性を積極的に排除しますが、まさにそのために政治的であるのです。
(脱線しすぎるので詳細は省きますが「ミームウイルス」や「延長された表現型」といったドーキンスの概念を参照すればわかりやすいと思います)


さて、以上は主として二次元知識をもとに語ってはいますが、僕が知らないだけでおよそ一般的な恋愛ドラマ・小説にも当てはまるのではと思います。
脚本の類型は二次元も三次元も基本的に区別はないと思いますから。

拍手

PR
この記事へのコメント
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
trackbackURL:

プロフィール
HN:
饗庭淵
性別:
男性
自己紹介:
読みは「あえばふち」だよ!
SFが好きです。
連載中の作品
創死者の潰えた夢
世界を支配するはずだった黒幕の野望は、隕石によって粉砕された。

公開中の作品
ロリ巨乳の里にて
パイズリセックスRPG。

幽獄の14日間
リソース管理型脱出RPG。

カリスは影差す迷宮で
仲間を弱らせて殺す遺跡探索RPG。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない
探索ホラー風セクハラゲーム。

英雄候補者たち
特に変哲のない短編RPG。

Merry X'mas you, for your closed world, and you...
メタメタフィクションノベルゲーム。

或る魔王軍の遍歴
「主人公補正」によって哀れにも敗れていくすべての悪役に捧ぐ。

ドアによる未来
「どこでもドア」はいかに世界に影響を及ぼし、人類になにをもたらすのか。

Melonbooks DL

新着記事
カテゴリー
アーカイブ
検索
新着コメント
[04 / 20 by ななっし]
[03 / 19 by NONAME]
[03 / 15 by NONAME]
[03 / 01 by com]
[02 / 22 by 動物農場]
ブックマーク
連絡先
aebafuti★yahoo.co.jp
(★を@に変えて送ってください)
カウンター
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ